実際に多いトラブル

不動産に関わるトラブルというのはとても多いですし、一般的な不動産の売買でもさまざまなトラブルに発展してしまうことは少なくありません。普通の不動産売買においてもトラブルは多いものですが、これが借地権絡みとなるとさらにトラブルになる可能性は高くなります。では、どのようなトラブルが考えられるのでしょうか。

トラブルいろいろなトラブルが考えられますが、一つには地主とのトラブルが考えられます。借地権というのはあくまで地主から土地を借りているということが前提で発生する権利でもありますし、借地権を売買するというのは地主の意向も気にしなくてはなりません。地主の譲渡承諾許可なども必要となりますが、このあたりを疎かにしてしまいトラブルになることはよくあります。

また、地主から譲渡承諾許可を得ることができても、個人で第三者に売却するというのは並大抵のことではありません。いろいろな権利関係を整理する必要もありますし、売買で失敗してしまうこともよくあります。とりあえず専門家へ相談しようと、不動産会社なら大丈夫かと依頼したものの、借地権に精通しておらず知識と経験も不足しているため査定額にばらつきが発生するといったこともあります。このようなトラブルは多いですね。