借地権売却の流れ

譲渡承諾料実際に借地権を売却するとなるとどのような流れとなるのでしょうか。基本的には譲渡承諾の条件を調整することから始まり、借地権を売却するにあたり地主に支払う譲渡承諾料を決めることになります。借地権価格に10%を掛けた数字が目安と言われていますが、地域によっても変わってくるため注意してください。

次に建て替え承諾の条件を調整していく作業になります。借地の上に建っている建物が古くて建て替える必要があるような場合だとこの条件を詰めていく必要があります。また、地代や更新料を地主に払っていないと借地権を売却することはできませんから、そこもしっかりと確認しましょう。地主と新たな借地人の条件についても事前にいろいろと確認する必要があります。

借地期間をどうするのか、地代はどうするか、ローン承諾をしてくれるかどうかについても事前の確認が必要となります。このように、借地権の売却にはさまざまなプロセスが必要となりますし、いろいろな制限、条件もあります。借地権に詳しいプロに相談して任せることがもっともベストですから、借地権売買を考えたときはとにもかくにもまずは借地権のエキスパートである専門家を見つけなくてはなりません。覚えておきましょう。